raindog.typepad.jp > MOBLOG

« MOBLOGへ戻る

4月1日:四月馬鹿の奇跡

4月1日:四月馬鹿の奇跡

4 月 01, 2006

本州ラストパウダー?に合わせて前泊のため移動するも、強風のため和田小屋まで辿り着けなかった金曜。明けた土曜は朝から快晴。期待を胸に、まだ寝静まっている民宿を一人抜け出しロープウェー乗り場へ向かう。スシ詰め状態の始発ロープウェーに乗り、ゴンドラに乗り継いでかぐらゲレンデに到着。ゲレンデの状態から推測すると、かなりのブツ量なのだが、中尾根からは雪煙が激しく上がり、第一高速はもちろん他のリフトも当分動く気配がない。ピーカンパウダーを目の前に切な過ぎるぜ! しかし、ゲレンデを軽く登って東面路肩のブツの感触を確かめると、風に叩かれ硬く締まった片栗粉パウダーで、一気にテンションが下がってしまった。そこでこの日は新規開拓。ゲレンデを登っていく無数の人達を尻目に、そのルートをよく知るM氏の先導で、秘密の花園を8人で目指すコトになった。しかし予想以上に重いパウダーでスノーシュー隊は苦戦を強いられる。1時間半掛けてやっとこさ暫定ピークに到着。とりあえず目の前の南面を滑るが、シュカブラと重パウにヤラレながらで結構テクニカル。登り返して早めのランチ。ここからは普段見えない中尾 根北面が一望出来て新鮮だった。ある問題が発生して結局1時間半ピークにとどまり、やっとこさ秘密の花園目指して移動。そこは噂通りの素晴らしい斜面。東面だが二面を壁に囲まれたブナの疎林で、ハイシーズンは雪崩が怖いがこの時期は安定していて雪質も最高だった。気持ち良く飛ばした後はメローな斜面を延々と繋げてほとんどノンストップでゲレンデに合流。価値ある一本を探り当てた満足感を胸にメインゲレンデに戻った後は広場で乾杯。去年に続くミラクルデイのこの日は、量よりも質の一日だった。

写真の詳細情報 (Exif情報)

Resolution: 120 x 160
Camera make: KDDI-KC
Camera model: W41K
Flash Used: Flash did not fire
Shutter Speed: 1/10000s

個別ページ